1. HOME
  2. > 今月のインタビュー
  3. > 人の集まる場所づくりをして植物の魅力を発信 花いけバトルをはじめ花と緑の仕掛けにたずさわる

今月のインタビュー

人の集まる場所づくりをして植物の魅力を発信
花いけバトルをはじめ花と緑の仕掛けにたずさわる

(株)COTOHA代表取締役
谷奥俊男(たにおくとしお)さん
プロフィール
(株)COTOHA代表取締役。京都の二条駅近くの路地裏で観葉植物とアンティーク雑貨の店「COTOHA」を経営、新しいアプローチで幅広い年代の顧客を獲得する。花業界の発展のためにさまざまな活動に取り組む。趣味はアンティーク雑貨集め。座右の銘は「三方良し」。
―京都の路地奥で人気店「COTOHA」を経営される一方、花いけバトルなど新しい花のイベントにたずさわり注目されています。
谷奥 40坪のゆったりとした店内には、3mを越える観葉植物から小さなサボテン、アンティーク雑貨が並び、ゆったりくつろげるソファも用意しています。できるだけ多くの人に来ていただくために、お店ではいろいろなイベントをしています。植物を買っていただくには、まずは人に集まってもらわなければ始まりませんから。
花いけバトルも、そうした考えから発信しています。一般の人に「花をいける」ということに興味を持っていただくにはどうすればいいか、集まっていただくにはどうすればいいかを、全国の花関係者がひとつになって考えた観客一体型のイベントです。

―植物に触れる場をつくる一方で、しっかりとした商品づくりにも気を配ります。
谷奥 いくら人が集まる場をつくって植物の魅力を発信しても、肝心の商品がきちんとしていなければ片手落ちです。販売店として、売る植物がどんな場所でどんな風に作られているかを知る義務があると思うので、沖縄など生産者のもとへは頻繁に通って情報交換をしています。お店としてはエンドユーザーへの責任がありますから、いい加減な商品を販売するわけにはいきません。そのために今取り組んでいるのが、生産者さんと相談して、生産に使う用土を統一してもらうこと。生産効率だけを考えた土では、消費者のもとへ渡った時に同じように管理できるかというと難しい・・・。

※続きは2016年5月号をご覧ください

2016年5月号の詳細を見る

過去のインタビュー

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

須貝文音(すかいあやね)さん
花の定期便サービス「LIFULL FLOWER」で花のある暮らしを増やしていきたい

詳細はこちら

GardenCenter電子版