1. HOME
  2. > 今月のインタビュー
  3. > BRUTUS編集部が描くいま一番、モードな園芸とは?

今月のインタビュー

BRUTUS編集部が描くいま一番、モードな園芸とは?

BRUTUS 編集長/BRUTUS エディター
西田善太さん/町田雄二さん
プロフィール
―雑誌「BRUTUS」では「珍奇植物」というタイトルでビザールプランツ(奇妙な植物)にスポットをあて、一般読者のみならず園芸業界人からも多くの注目を集めました。

町田 「植物をどう飾るか」「庭をどう造るか」ということをここ3年ぐらいどの雑誌もやっていて、「ちょっと見飽きたな」と感じていたんですね。もっと植物そのものにフォーカスした特集が読みたいなと。ライフスタイル寄りの植物特集ではなく、「変な植物」「面白い植物」「かっこいい植物」に焦点を当てていきたいと思ったんです。

西田 植物の造形美って人間の想像を超えていて、「なんて形してるんだお前!」という品種がたくさんある。それはファッションやアート、建築などに関心がある人にも絶対引っかかるポイントだと思います。植物の専門家が見ても、普通の人が見ても楽しく読める特集になったと思います。

町田 今回のタイトルでは「珍奇植物」の下に「いま一番、モードな園芸。」と続くのですが、どうしても園芸という言葉を入れたかったんです。それは「自分で手に入れて育てることができる植物」ということにこだわったからです。ただ珍しい植物の写真を集めただけの図鑑にはしたくなかった。

※続きは2015年11月号をご覧ください

2015年11月号の詳細を見る

過去のインタビュー

業界の最新情報・イベント情報をお届けします!

メールマガジン「グリーンメール」に今すぐご登録ください。

※ 内容にご興味がなければ簡単に購読解除いただけます。

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

LOVEGREEN(ラブグリーン) 植物と暮らしを豊かに。

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

須貝文音(すかいあやね)さん
花の定期便サービス「LIFULL FLOWER」で花のある暮らしを増やしていきたい

詳細はこちら

GardenCenter電子版