1. HOME
  2. > 今月のインタビュー

今月のインタビュー

信念とこだわりを持って植物を伝えることが大切

NHK趣味の園芸講師/育種生産者
横山直樹(よこやまなおき)さん
プロフィール
1978年生まれ。横山園芸2代目。イギリスでの研修を経て、父親が立ち上げた横山園芸にて、ダイヤモンドリリー、クリスマスローズ、原種シクラメン、アネモネの育種・生産を手がける。NHK「趣味の園芸」講師をはじめ、メディアでも活躍中。
――あまり一般的ではないダイヤモンドリリーの育種と生産に取り組んでいます。
横山 ダイヤモンドリリーのほかに、クリスマスローズ、原種シクラメン、一番新しいものではアネモネの育種生産を手がけています。特にダイヤモンドリリーはタネまきから6~7年かけてやっと開花、そして簡単には増えないので低空飛行の状況ですが、花色のバリエーションも増えてきました。太陽光が当たるとダイヤモンドのように輝くことを説明すると、その魅力を知ったお花屋さんは必ずといっていいほど喜んでくれます。誰かに伝えたくなる花だと、手ごたえを感じています。

――消費者へのPRも積極的に行っています。
横山 クリスマスローズとともに原種シクラメンの紹介もしているのですが、僕自身もシクラメンとは冬の窓辺を飾る豪華な花というイメージでした。イギリスで原種シクラメンと運命的な出会をしたのをきっかけに、その魅力を日本にも紹介したいとコレクションと生産を始めました。営利生産だけに執着せず、自分自身も楽しむことを忘れないように普及啓蒙活動を行っております。

――今の園芸業界で感じられることは。
横山 毎年どんどん新品種が出てきますが、消耗戦のような気がしてなりません。王道の植物以外にもたくさん魅力的な植物はありますし、生産者も小売店ももっと個性を出し、オリジナル性の高い植物、クオリティーの高い品質を心掛けていくべきではないかと思います。個性豊かなプロフェッショナル集団がもう一度積み重ね上げられれば、また園芸業界も盛り上がるのではないでしょうか・・・

※続きは2017年1月号をご覧ください

2017年1月号の詳細を見る

過去のインタビュー

「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

詳細はこちら

今月のインタビュー

業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

メールマガジン

メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

» バックナンバーを見る

今月のインタビュー

横山直樹(よこやまなおき)さん
信念とこだわりを持って植物を伝えることが大切
育種を通じて等身大の経営で魅力を高めていきたい

詳細はこちら

GardenCenter電子版