1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    021 都市緑化最前線
    022 緑化のあゆみ 藤田 茂
    024 都会につくられた「自然の森」大手町の森
    028 花を楽しむ緑化 晴海アイランドトリトンスクエア
    032 ナチュラリスティックな植栽に魅了される
    シンボルプロムナード公園 花の広場

    041 ここまで進んだ屋内緑化 ~屋内緑化のショールームを見る~
    042 グリーバル
    044 ユニバーサル園芸
    045 プラネット
    046 parkERs/パーク・コーポレーション
    047 グリーンディスプレイ
    048 竹中庭園緑化
    049 大和リース
    050 番外 屋内緑化の新技術 琴花園

    » もっと見る

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    054 北海道中札内村 花と緑とアートの村 中札内

    ピックアップ

    006 ハクサンがPWシュラブを本格発売
    014 [座談会] 市場法改正から見る業界のこれから
      福永哲也、尾崎明弘、浅岡宏明、山川正浩
    058 園芸、造園の人材確保
      コロナ禍での求人・就職活動、内定増加への取り組み
    060 全国の園芸、エクステリアの教育機関

    アラカルト

    062 「みんなが笑顔で元気になる! “花・緑・庭コンテスト”」結果発表
    097 フラワートライアルジャパンWEB展示会開催

    トピックス

    083 第1回美杉台マルシェ@薬香草園
      五感で感じるメディカルハーブガーデンがある、生活の木「薬香草園」
    084 大原ビックフェスティバル 園芸店にプラスできるものを提案
    086 新しいガーデンを考える会 秋季例会セミナー&名刺交換・交流会
    ガーデンの新しいビジネスチャンスと私たちの未来は

    GARDEN RECIPE〔 EX・造園コーナー〕

    064 新連載 庭を演出する植物(1) 隙間を埋める植物 越洋子
    066 現場作業論 現場と道具の管理(6) ブロック・造園の2資格は職人に必須 小林徹
    068 住宅デザイン様式とファサードデザイン(3) シンプルモダン 松下高弘
    070 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(3)
      一点透視図法(パース)をマスターしよう① 中山正範

    連載

    072 ペットと暮らす庭づくり 犬の健康に配慮した庭 江口礼奈
    074 ”SDGs”Global Goals×Plants parkERs
    076 「五つ星」園芸店に選ばれて グリーンプラザ山長(奈良県生駒市)
    077 パルダリウム資材探訪 水作
    078 これからの物流を考える 花き流通の持続を図る「ゲートウェイ構想」 三和陸運 井上博保
    080 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    082 TA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹羽理恵
    098 英国ガーデニングのいま 佐藤麻貴子
    002 ルポルタージュ店舗 Bot 柏木植物園(静岡県長泉町)
    011 元気印 平工詠子さん
    037 生産地を行く 若山農場/ワカヤマファーム (栃木県宇都宮市)
    052 メーカーを訪ねて トーシンコーポレーション

    インフォメーション

    088 ニュース
    091 イベント情報
    092 園芸関係統計資料
    093 今月の市況
    094 2021年総目次

    ご購入はこちら

    春の品ぞろえは大丈夫か

    新春恒例、1月、2月に開催される園芸問屋による商談会、タキイ種苗、サカタのタネ、カネコ種苗など種苗大手をはじめ多くが中止される。今までほとんどのメーカーがいずれかの商談会に出店して、新商品や新提案を発表していたが、「新」だけでなく、メーカーには小売店の声、ニーズを聞く場としても非常に重要な場であった。
    一方、参加者や小売店は、商談会がなくなればどうなるのだろう。大手量販店はメーカーや問屋からの売り込み・提案で新商品が揃うだろうが、多くの園芸専門店への売り込みは期待できない。春の売り場づくりにおいて新商品は少なく、変わり映えのしない既存品で春の園芸シーズンを迎えることになるのだろうか。
    特に植物は、「新品種が出た」とカタログで紹介されても、実際の花や姿を見ないと、売る側も納得できないだろうから、仕入れはお試し程度になってしまうかもしれない。
    いずれにしても2021年春の園芸シーズンを迎えるにあたって、メーカーはいかに情報を伝えるか、また小売店もいかに情報を多く収集するかが肝だ。今まで経験したことがない事態を迎えることになるかもしれない。(山川正浩)
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら