1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    お得な定期購読はこちら

    特集

    013 進化するボタニカル×インテリア
    014 グリーンデザイナーが考える「ボタニカル×インテリア」の今後
      PIANTA×STANZA(ピアンタ×スタンツァ)ブランドマネージャー/デザイナー 大山雄也さんに聞く
    016 インテリアの匠が考える「ボタニカル×くらし」の提案
      TRANSHIPディレクター 近藤照之さん/グリーンプランナー 安元祥恵さんに聞く
    018 家具メーカーが期待する「ボタニカル×家具」の相乗効果
         My Place Store(㈱弘益)ゼネラルマネージャー 桐山大介さんに聞く
    020 インテリアコーディネーターが欲しい 今の住宅に合った室内植物
      町田ひろ子アカデミー 町田ひろ子さんに聞く
    022 造園界からの提案 新たな緑花ビジネス「信楽坪庭」の展開と可能性
      東京農業大学名誉教授・造園伝道師 近藤三雄
    025 インテリアとしての多肉植物~販売時の注意点~ 吉坂包装㈱ 上田 泰
    026 ボタニカル×インテリア 最新プロダクト
    032 ボタニカルを取り入れたインテリアにも注目
      「たにくっしょん」の生みの親 ロッカクケイLLC.代表 鎌田美希子さん
    034 自分でつくれる! 人気のボタニカルキャンドル&ワックスサシェ
      講師:キャンドルスタジオ代官山マネージャー 齋藤真依さん

    » もっと見る

    ピックアップ

    040 国際園芸博覧会2016トルコ・アンタルヤ開幕
    江戸時代に花開いた園芸技術と花文化を世界・未来へ
    農林水産省生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室国際園芸博覧会推進リーダー 横井誠一

    トピックス

    062 福岡で8年ぶりの本格ラン展開催 平田ナーセリーを会場に大盛況
    065 花の都しずおか大商談会2016 静岡県内全域の生産者が一堂に会して初開催

    066 各地で勉強会
     TAKAMATSUスクール2016 花業界の『地産池消』を中心に学ぶ
     家庭園芸肥料・用土協議会 説明会並びに研修会 肥料の記載ルールの理解深める
     第32回花卉懇談会フォーラム 花き産業におけるあたらしい動き―知的財産の活用と商品提案―
    074 ガーデンを考える会便り② 「若い人の力で、新たな活動の輪を」中島吉之理事に聞く
    076 シンガポールの屋内緑化視察研修ツアー募集
    078 オランダのダリア視察旅行募集

    造園・設計の未来像~次世代の経営を考える

    056 設計/施工ショップルポ みどりのおもちゃ箱 我楽庭(広島県広島市)
    058 庭チャンネルの庭づくり~マイガーデンスタイル Garden studio庭楽館

    連載

    006 三重の人情派店長 西山智子の-太腕繁盛記
    044 サルでもわかる園芸イノベーション講座 第7講 伊野辺先生
    046 金ちゃんの花ヒット塾 その三十二 二宮芳継
    048 ガーデンセンターの経営 第20回 矢野信行
    050 5つ星になるために!!(最終回) フラワー&グリーンコーディネーター 鈴木路子
    051 『5つ星』園芸店を訪ねて⑥ フラワーガーデン㈱泉
    052 日常的な花贈り・花飾りのきっかけ作り⑥ 小川典子
    079 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
    093 東京オリンピック 花と緑のおもてなし⑮
    「花いっぱい!たねダンゴ花壇」で参加型のおもてなし♪ 公益社団法人日本家庭園芸普及協会
    094 オランダ便り⑳ 対馬淳一
    096 ガーデネクス便り

    シリーズ

    002 ルポルタージュ店舗 サボテンミサイル(千葉県一宮町)
    009 元気印 ㈱COTOHA代表取締役 谷奥俊男さん
    036  生産地を行く ヤマシタフラワーズ(埼玉県川越市)
    072 メーカーを訪ねて ナカヤマ

    インフォメーション

    080 ニュース
    084 イベント情報
    087 新刊紹介
    090 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売 数量・価格
    091 今月の市況

    ご購入はこちら

    追い風だからこそ基盤をしっかり

    今号は特集の取材で、緑化や造園分野をはじめ、家具やインテリア、ファッションなど、多様なジャンルの人の話をたくさん聞きました。皆さん共通していたのは、植物に対して大きな可能性を感じているということ。それぞれの立場からそれぞれの解釈で“グリーンのある暮らし”を発信しており、植物をライフスタイルと絡めて提案するのがどちらかといえば苦手な園芸業界よりも、より素敵にグリーンのある暮らしを提案していました。
    また一方では、今号別冊でも紹介している「アジアサミット」でインドの環境学者カマール メトル氏がいわれているように、植物が人の心身や環境に及ぼす効用が、研究により数値として明確に証明されてきています。さらには「花いけバトル」をはじめ、これまで花に興味がなかった消費者を振り向かせる花イベントが注目されるなど、花と緑はまさに今、世の中から大きく再評価されようとしています。
    だからこそ、根幹となる私たち園芸業界は今まで以上にしっかりとした基盤を確立し、他分野やエンドユーザーから「こんなことをしたい」「こんなものが欲しい」と要望があったときにしっかり応えられる体制を築かなければいけません。追い風をブームで終わらせず文化として定着させるために―。言うまでもなくそのために必要なのは、業界の川上から川下までがつながる、風通しの良い連携だと思います。
    (伊藤賢治)
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら