1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    【特集1】
    009 レンタルグリーン最前線
    010 海外を含めて規模を拡大「ユニバーサル園芸」
    012 日本一親切な花屋を目指す「花門フラワーゲート」
    014 ハイドロカルチャーで新規開拓「プラネット」
    016 設計段階から一貫して作りこむ「グリーバル」
    018 顧客の声で事業展開「山田農園」

    【特集2】
    021 買い手×生産者 互いの強みを活かして商品企画
    028 IGN(フラワーガーデン泉流通事業部)
    031 生産者産直「サンガーデン」

    » もっと見る

    ピックアップ

    037 特別企画 温故知新座談会

    アラカルト

    044 展示会レポート(大原ビックフェスティバル、松村工芸、タカショーガーデンEXフェア)
    052 花苗621品種が北海道に集結「フィールドトライアル」
    054 趣味の園芸フェアin横浜「ローズコレクション」
    074 間もなく開催!GARDEX/IFEX
    078 全国都市緑化やまぐちフェア
    092 園芸初心者に見る

    特別寄稿

    066 近代の博覧会が園芸・造園の進歩・発展に果たした役割(後編)
    東京農業大学名誉教授 近藤三雄
     

    トピックス

    056 世界基準の設備で人材育成「トマトパーク」
    080 日本切り花輸出入協会主催の第1回花きセミナー開催
    081 日本フローラルマーケティング協会(JFMA)定例セミナー
    083 第34回花卉懇談会セミナー
    084 平成30年度園芸文化賞授賞式

    連載

    036 「5つ星」園芸店を訪ねて ときわガーランド(愛媛県松山市)
    058 又右エ門による世界の植物紹介
    060 Plants×壁面緑化の進化 parkERsプランツコーディネーター 辻永岳史
    062 ヒーリング時代の緑の使い方 岩崎 寛
    064 植物の効用を生かそう 「緑は正義だ!」 佐分利応貴
    085 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
    098 日本の植物を世界に売る! 豊明花き 佐々木北斗
    100 ガーデネクス便り

    002 ルポルタージュ店舗 フラワーガーデン泉(群馬県前橋市)
    008 元気印 ㈱ZUCI 代表取締役 桑垣真紀さん
    034 生産地を行く 畑やかとうふぁーむ(新潟市)
    072 メーカーを訪ねて  中島商事

    インフォメーション

    087 ニュース
    090 イベント情報
    094 家計調査/市場統計
    095 今月の市況
     

    ご購入はこちら

    夏花で新たな商機生まれる

    オリンピック開催までに2年を切りマスコットの名前が決まるなど、機運が盛り上がってきている。
    花き園芸業界でも4年前からオリンピックを花と緑でおもてなしをしようと、オリンピックの主要会場のひとつである東京・お台場地区で花と緑の「おもてなしセレクション」を開催し、夏に強い推奨品種が3年間で200品種以上、最終年の今年も含めると約300品種認定されるようだ。夏花と言えばペチュニアを始め、ニチニチソウ、ポーチュラカなど、園芸関係者なら10品目くらいは簡単に上げられると思うが、品種改良により非常に多彩な夏に強い品種が生まれている。
    これらの商材を生かして、夏も園芸シーズンに育てることが業界にとって売上げアップ、また消費者生活者にとっても夏も多彩な花で庭や公園を楽しむことができるようになる。夏の水やり管理には自動潅水も必要になってくるだろうし、周辺の需要も見込める。
    園芸の秋が定着したのは、前回の東京オリンピックが10月に開幕し、その時から秋に飾る花の需要が起こったと聞いている。今回のオリンピック開催決定時には花緑関係者は「最悪の時期」と思ったかもしれないが、「ピンチはチャンス」とは成功者の言である。
    夏花で新たな商機が始まったと思う。
    山川正浩
     
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    国際ガーデンEXPO(GARDEX) 園芸・造園業界 日本最大の専門展

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    桑垣真紀(くわがき まき)さん
    “医食同源”を再び日本に

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版