1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center 電子版
  • Garden Center

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    お得な定期購読はこちら

    特集

    017 植物によるヘルスケア メンタルケア(後編)
    018 園芸療法のこれまでとこれから~歴史から概論、効果・利用まで~
    「ひとと作業・生活」研究会主宰 山根 寛
    022 園芸療法士をめざすには? どこで・何を・どう学ぶか
    兵庫県立淡路景観園芸学校園芸療法課程 主任景観園芸専門員 豊田正博さんに聞く
    024 就職は?現場での課題は?園芸療法士の就業環境について考える
    兵庫県園芸療法士会会長 岡野 裕さんに聞く
    026 〔実践報告〕緩和ケア病棟における園芸療法活動
    岐阜県立国際園芸アカデミー准教授 相田 明
    028 高齢者アクティビティ・ケアにおける花と緑の可能性
    高齢者アクティビティ開発センター企画研究室室長 菊池貴美江さんに聞く
    028 高齢化社会に向けて― 花と緑の業界にできること
    アクティビティディレクター/認知症予防専門士 ㈱サカタのタネ 広報宣伝部長 清水俊英
    030 病院等における花きを取り入れた活動事例
    〔NPO法人の活動〕
    034 日本園芸療法研修会の取り組み 日本園芸療法研修会代表理事 澤田みどり
    036 日本園芸福祉普及協会の取り組み 日本園芸普及協会理事長 吉長成恭
    038 「病院にふたたび花を」どうなる? 病院への見舞い花の持ち込み制限/株式会社なにわ花いちば

    » もっと見る

    ピックアップ

    042 MPSジャパン10周年記念座談会 ~MPSの活用で業界を活性化しよう~
    出席者:井上英明(㈱パークコーポレーション代表取締役)
        大西 隆(㈲セントラルローズ代表取締役社長)
        福永哲也(豊明花き㈱代表取締役社長)
    司 会:松島義幸(MPSジャパン㈱代表取締役社長)
    048 花の国日本協議会フラワーサミット2016 小泉進次郎氏 花の展望語る

    アラカルト

    0008 シリーズ ガーデンセンターの新たな売上づくりを考える①
    住宅業界から発信された植物と庭が持つ可能性 インタビュー:エスティナ、バース&リバース代表取締役 真崎 健さん
    10 「いい花の新基準。」を合言葉に10年。ジャパンフラワーセレクション
    ジャパンフラワーセレクション実行協議会事務局
    052 世界盆栽大会 2017年4月さいたま市大宮で開催 盆栽家(清香園5代目家元) 山田香織
    054 フラワートライアルジャパン2016秋レポート
    106 シンガポール屋内緑化視察研修ツアー報告(後編)レポート/本誌 山川正浩

    トピックス

    084 花いけバトル!岐阜で「関ケ原の合戦」
    085 岐阜花き流通センター内覧会 海外バイヤーも多数来場
    087 新しい園芸を考える会総会

    造園・設計の未来像~次世代の経営を考える

    076 設計/施工ショップルポ ハウス&ガーデン ダイトー(長野県佐久市)
    078 庭チャンネルの庭づくり~マイガーデンスタイル ㈲黄鶴園 木下英人

    連載

    006 LOVEGREEN~植物で暮らしを豊かに。 石塚秀彦
    045 『5つ星』園芸店を訪ねて⑧ 赤塚植物園
    068 三重の人情派店長 西山智子の-太腕繁盛記④
    070 サルでもわかる園芸イノベーション講座 第10講 伊野辺先生
    072 金ちゃんの花ヒット塾 その三十五 二宮芳継
    074 ガーデンセンターの経営 第23回 矢野信行
    090 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
    105 東京オリンピック 花と緑のおもてなし⑱
    夏のおもてなしガーデントライアル2016報告 (一社)日本ハンギングバスケット協会副理事 上田奈美
    110 オランダ便り 対馬淳一
    112 ガーデネクス便り

    シリーズ

    002 ルポルタージュ店舗 オザキフラワーパーク(東京都練馬区)
    013 元気印 NHK出版「趣味の園芸」テキスト編集長 阿川峰哉さん
    040 生産地を行く リーフ(愛知県豊橋市)
    082 メーカーを訪ねて ㈲ヒラサワ

    インフォメーション

    091 ニュース
    095 イベント情報
    096 年間総目次
    102 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格
    103 今月の市況

    ※小川典子さんの連載「日常的な花贈り・花飾りのきっかけ作り」はお休みになります。

    ご購入はこちら

    園芸店を人が集う“パーク”に

    花の国日本協議会が主催する花緑業界の勉強会「フラワーサミット」。今年は『新しいスイッチを!』をテーマに開催された。井上英明理事長(㈱パーク・コーポレーション)によれば、勢いのある人は従来とは違う角度から物事を見ている=「新しいスイッチ」を入れているとのことだった。
    さて、園芸業界における違った角度とは何だろう。ひとつは、これまで園芸店やガーデンセンターが担ってきた「花を売る場所」、もっと言えば「花を売るだけの場所」からの脱却ではないだろうか。単なるモノ売りに限界が来ている今、花を売っているだけの店では生活者にとって魅力に欠ける。
    視点を変えて国全体の動きを見てみると、厚労省を中心に地域づくりや人と人との交流に重点を置いた施策が進んでおり、近年では高齢者と子どもが触れ合う場をつくる「多世代交流」や、子どもの孤立をふせぐ「子どもの居場所づくり」に力を入れている。こうした場づくりに園芸店/ガーデンセンターが寄与できないか?
    実際、最近の先進的なガーデンセンターは遊具や砂場などを設置して子どもの遊び場づくりに力を入れているし、おしゃれなカフェを併設したり、寄せ植え教室やDIYのワークショップに力を入れる店もある。親子3世代が一緒にひと時を過ごせる場として、園芸店を「花売る場所」から「人が集う場所」へ。これもひとつの違った角度からの見方ではないだろうか?
    (伊藤賢治)
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    阿川峰哉(あがわみねや)さん
    園芸にちょっとでも興味を持った方をつなぎとめること。

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版