1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    017 憧れの庭をかたちに
    018 本物の美しさを追求 お客さまが憧れる庭をかたちに ローザンベリー多和田 大澤恵理子
    022 ガーデニングライフを長く楽しめる庭づくり 高崎松風園 山口俊輔
    026 施工店に聞く! 今どきのリフォームガーデン アンケート
    027 AR技術を使った無料のシミュレーションアプリ メタバガーデン
    028 おさらい! 庭の芝生のこと

    033 東京五輪「花と緑のおもてなし」~夏花でどう迎える~
    034 東京2020大会会場周辺における花と緑のおもてなし 早貸秀樹
    038 まちに広がる夏花花壇 竹谷仁志

    041 提案広がる! コケとシダ
    042 コケとシダをどう楽しむか? 長谷圭祐
    044 コケとシダの売り場づくり
    プロトリーフガーデンアイランド玉川店/cotoha

    » もっと見る

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    050 福岡県福岡市 合言葉は「一人一花」「一企業一花壇」 みんなでつくる、花と緑にあふれたまち

    ピックアップ

    006 人・植物・癒やし(1)
    速報・令和2年緊急事態宣言後の鉢物購買行動とリモートワークの実態 豊田正博
    010 鶴見花きの完全在宅競りとは

    アラカルト

    005 注目のポットカーネーション ロマンスシリーズ・カリフォルニアシリーズ 雪印種苗
    030 HOUSE×GARDEN 家と庭を一緒に考える ユニソン
    070 ここまで進化した薬品・肥料 住友化学園芸
    080 テクノホルティ園芸専門学校 卒業・新旧作品展、フラワーデザイン競技会

    トピックス

    082 世界らん展2021 -花と緑の祭典- 開催
    084 トレードフェアDX2021春 盛況
    085 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展開催
    086 第14回TAKAMATSUスクール開催
    087 日本ガーデンセラピー協会 第1回セミナー開催
    088 家庭園芸肥料・用土協議会 説明会開催

    GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕

    056 庭を演出する植物(4) カラーハーブボーダー 越洋子
    058 現場作業論 現場と道具の管理(9) 契約率100%の職人が勝つためのヒントを伝授 小林徹
    060 住宅デザイン様式とファサードデザイン(6) スパニッシュ 松下高弘
    062 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(6) 着色方法をマスターしよう② 中山正範
    064 成約率を高めるための印象力(2) インパクトとサプライズ 山本結子

    連載

    002 ルポルタージュ店舗 green green(愛知県千種区)
    013 元気印 長谷圭祐
    046 パルダリウム資材探訪 道草
    048 生産地を行く サノ・オーキッド(三重県鈴鹿市)
    066 MPSニュースより 環境への意識は高まるのか? 本田繁
    072 メーカーを訪ねて ムサシ
    074 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    076 TA-RA-YOU 園芸文化を支えた花たち 園芸文化協会 丹羽理恵
    077 「五つ星」園芸店に選ばれて the Farm UNIVERSAL CHIBA(千葉市稲毛区)
    078 SDGsを経営に活かす 赤塚植物園
    097 グリーン★アイ 松島義幸
    098 庭を楽しむニュージーランドの暮らし 小笠原貴子

    インフォメーション

    090 ニュース
    093 イベント情報
    094 園芸関係統計資料
    095 今月の市況

    ご購入はこちら

    SDGsで持続可能な展望を

    本誌で「SDGs」を最初に取り上げたのは2年ほど前。その少し前から園芸業界に関りがありそうだな程度の認識はあったが、どう取り上げればいいのかわからなかった。
    parkERsさんの連載が終わった今年1月号から、積極的にSDGsに取り組んでいる会社を紹介する「SGDsを経営に活かす」の連載を始めるにあたっても、当初は2~3社しか見つけられず連載になるか心配した。しかし、少なからずの企業が前向きに取り組んでいることがわかり、驚き、またうれしく思った。
    若い人ほど環境問題や二酸化炭素増による気候変動、SDGsに対する関心は高いようだ。昨年来の園芸には、若い人が増えたという話をよく聞く。花や緑を楽しむことがSDGsへの貢献になること、積極的に取り組んでいるお店や業界であると知ってもらうことが、園芸業界の裾野を広げると思う。
    園芸業界全体でSDGsに取り組み、花と緑を楽しむとともに、人類の目標に向かうという次のステップにつなげていけば、園芸業界の存在意義は高まり、新たな展望が開けると思う。(山川)
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら