1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    015 都市緑化最前線 壁面緑化
      屋上開発研究会、グリーニアン、トゥルース・プロジェクト
    027 学生が目指すみどりの仕事×企業が求める人材
    028 エクステリア業界から見る人材確保のこれから 藤山宏
    030 学生の声
      東京農業大学、テクノ・ホルティ園芸専門学校、E&Gアカデミー、兵庫県立大学大学院
    035 ニューノーマル時代のアウトドアリビング
    036 アウトドア業界と住宅業界の垣根はもはやない! スノーピーク
    038 アウトドアリビング商品紹介

    » もっと見る

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    058 千葉県千葉市 みんなの手で育みつなごう!緑と水辺

    ピックアップ

    006 最新技術で魅せる!よみうりランドの花と緑 松原節子
    041 フラワートライアルジャパン2021
       ゲブラナガトヨ/H&Lプランテーション・長野県鉢花園芸組合/ハクサン/
       M&Bフローラ/水谷農園/南紀グリーンハウス/童仙房ナーセリー&ガーデンほか

    アラカルト

    050 暮らしにみどりを灯す グリーンシャンデリア
      伊藤商事グループ/EMIクリエーション
    054 東京2020 夏花散歩 竹谷仁志
    062 淡路花博20周年 花みどりフェア完走!

    GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕

    066 暮らしを豊かにする植物(1) 福元敬子[新連載]
    068 職人学 現場から見えるもの(12) 小林徹
    070 住宅デザイン様式とファサードデザイン(9) 松下高弘
    072 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(9) 中山正範
    074 暮らしを豊かにするガーデンファニチャー(2) 林恵美子

    トピックス

    083 スリークロス園芸パートナー会開催
    084 EXショー関西開催決定/ウエキサイト始動
    085 第36回花卉懇談会セミナー ウィズコロナを考える
    086 日本ガーデンセラピー協会セミナー「植物の持つ力」
    087 第18回タカショーガーデン&エクステリアフェア2021 DXで商品がデジタル連動

    連載

    076 SDGsを経営に活かす グリーンギャラリーガーデンズ
    080 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    082 TA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹羽理恵
    097 グリーン★アイ 松島義幸
    098 庭を楽しむニュージーランドの暮らし 小笠原貴子

    002 ルポルタージュ店舗 開花園(福井県福井市)
    011 ゲンキジルシ! 森田紗都姫
    048 生産地を行く カンダシトラスファーム(愛知県蒲郡市)
    078 メーカーを訪ねて スノーピーク(新潟県三条市)

    インフォメーション

    088 ニュース
    091 イベント情報
    092 園芸関係統計資料
    093 今月の市況
    094 2021年 年間総目次

    ご購入はこちら

    広がる小売りチャンネル

    コロナ禍で花と緑を楽しむ人が増え、リアルな園芸売り場にも若い人が増えたようだ。また、SNSなどを活用したネット販売での伸びはリアルを大きく超えると聞く。通信販売は園芸でもこれから大きく伸びていくと見ている。商品提供だけでなく、植物の特性や管理の仕方を説明し、24時間対応できる通販は好評だ。
    かつて園芸専門店全盛時代の後ホームセンターが台頭し、数量的には量販店の時代になっているが、全国の専門店は個性を光らせて、園芸ファンを集めている。専門、量販それぞれが支持されているなか、今は第3の売り場、ネット通販も見過ごせない。物心ついた時からスマーフォンに慣れ親しんだ若い人ばかりでなく、店に足を運べなくなったり重い荷物の持ち運びが難しくなったりした高齢者、あるいは開店時間に足を運べない働き盛りの人たちのニーズがさらに高まると見られている。
    アパレルや家具との相性もいいのか、植物を扱う異業種も増えており、流通を解決すれば売り場はどこにでもできるだろう。小売りルートが多元的になり、より消費者に近づくことで業界は伸びる。(山川正浩)
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら