1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    011 バラとクレマチス~人気ガーデンプランツとどう向き合うか    
    012 ガーデンローズ市場の現在と課題 -NewsRoss編集長・玉木一裕に聞く   
    014 全国一のバラ苗生産地を訪ねて 河本バラ園      
    016 バラと相性のいい植物「クレマチス」の現在を聞く クレマコーポレーション  
    018 やり方次第でバラ、クレマチスはまだまだ売れる!これがお客様に支持されるバラ、クレマチスの販売 ジョイフル本田      
    020 トップランナーに学ぶ バラとクレマチス苗販売の最前線 まつおえんげい   
    022 閑散期もバラの販売やメンテナンスサービスで売上を上げる グリーンギャラリーガーデンズ 
    024 バラ関連資材ブランド マイローズ 住友化学園芸     
    026 バラ関連資材ブランド バライフ スリークロス      
    028 バラ関連資材ブランド ラ・ローズセレクション 花ごころ 

    » もっと見る

    ピックアップ

    034 フラワートライアルジャパン2018 全会場レポート

    アラカルト

    054 『2021年の花き業界を考える』フラワーサミット2018開催 
    058 第15回インドアプランツコンテスト結果発表 
    060 屋内緑化コンクール2018 受賞結果
    070 展示会レポ―ト 
    東京インターナショナル・ギフト・ショー/豊明花き/フラワーオークションジャパン/
    大阪植物取引所/東京砧花き/岐阜花き流通センター

    トッピクス

    081 思い出のある植物を伐採せずに新たな引き取り手へ「樹木の里親」

    連載

    056 「5つ星」園芸店を訪ねて あんみつ館〈徳島県美馬市〉 
    062 又右エ門による世界の植物紹介 
    064 Plants×生産者の思い parkERsプランツコーディネーター 田村未和 
    066 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎 寛 
    068 植物の効用を生かそう 「緑は正義だ!」 屋内緑化推進協議会 佐分利応貴 
    080 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 園芸普及協会 丹羽理恵 
    094 日本の植物を世界に売る! 豊明花き 佐々木北斗 
    091 ガーデネクス便り 
     
    002 ルポタージュ店舗 ガーデンセンター花の牧場(北海道恵庭市)
    009 元気印/ROSE LABO㈱ 代表取締役 田中綾華
    032 生産地を行く/平山園(千葉県横芝光町)
    078 メーカーを訪ねて ㈱プロトリーフ

    インフォメーション

    082 ニュース
    086 イベント情報
    088 2018年 年間総目次 
    092 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格
    093 今月の市況

    ご購入はこちら

    花と緑のまちづくり全国首長会発足

    花と緑のまちづくり、ガーデンシティーを進める市町村が急速に増えていることは、身近な情報、あるいは各地を訪れた時に実感しているのではないか。「まちづくり」についてはいくつかの全国団体が進めているようだが、9月9日に福岡で発足した「花と緑のまちづくり全国首長会」は「花と緑」をテーマにしていることが大きなポイントである。個々の市町村がそれぞれ花と緑のまちづくりを独自に行なっているものを、全国の市町村が連携を取って情報を共有しあい、全国的な規模で行なっていく。これを支援・推進する「花と緑のまちづくり推進プロジェクト」は、首長会とそれを支える市民団体、ボランティア、我々園芸業界のプロが三位一体となって進めていくもので、画期的な仕組みが出来上がった。
    公園や駅前、道路など公共の場がデザインされた花と緑できれいになれば、町の価値が高まることはもちろん、住んでいる人たちも身近にもっとガーデニングを楽しむことになろう。首長会は東北から関西までの4市の首長が発起人になって発足し、3年をめどに100首長を目指していくとしているが、このプロジェクトの発展が、業界の活性化に大きな力になると確信している。本誌では首長会発足について次号で詳報し、今後の活動を紹介することによって応援していきたいと思う。
    山川正浩
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    田中綾華(たなか あやか)さん
    世界中に「食べるバラ」を広めたい

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版