1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    013 園芸店でDIY売り場をつくる!
    014 DIY好きの聖地! DIY FACTORYの売り場を拝見!
    018 DIY雑貨で新規需要を開拓したガーデナーズジャパンの事例
    020 人気ジャンル商品の仕入れ先を知る!
    〔塗料〕ターナー色彩、アトムサポート 〔タイル〕藤垣窯業
    〔木材ブラケット〕平安伸銅工業 〔寄せ植えキット〕高松商事
    026 DIYのワークショップで集客&売り場活性化
    考え方(1) 1日4万円でプロにお任せ/DIYの専門講師を招いて開催する本格ワークショップ
    考え方(2) テクニックや技術よりも「楽しい場づくり」に注力/メーカー発のキットを使ってお手軽ワークショップ
    030 園芸エンドユーザー意識調査

    » もっと見る

    ピックアップ

    036 2017日本フラワー&ガーデンショウ
    040 座談会 園芸店のガーデン(庭)・エクステリア(外構)を考える
    参加者:㈱エスティナ代表取締役 真崎 健
    とちぎ園芸マネージャー 富久田三千代
    草津園芸(㈱エターナル)代表取締役社長 中野晋一

    アラカルト

    006 シリーズ ガーデンセンターの省力化を考える(3)
    野菜苗・花苗のレジ通貨をスムーズに!ジャパンフラワーネットワーク㈱
    054 みどりの就活フォーラム2018 6月6日開催
    056 あのIFEX(国際フラワーEXPO)が進化
    「花と植物の総合展」国際フラワー&プランツEXPO開催
    070 各地で勉強会 第10回TAKAMATSUスクール/第33回花卉懇談会フォーラム
    074 各地で商談会 花の都しずおか大商談会2017/第17回九州トレードフェア2017春/第7回花結びフェアin岡山ドーム
    093 假屋崎省吾氏による「第10回うだつをいける~悠久の美と共に~」

    シリーズ

    002 ルポルタージュ店舗 ボタニカル&カフェ ブリード(千葉県成田市)
    009 元気印 プランツプロデューサー 緑匠・又右衛門さん
    034 生産地を行く ヨシオカ園芸(ベゴニアライフ)(群馬県富岡市)
    076 メーカーを訪ねて 協和㈱ハイポニカ事業本部

    連載

    <健康寿命を延ばす庭のチカラ>
    044 私の考えるガーデンセラピー
    第1回 川人 紫さん 「今ガーデンセラピーが注目される理由」
    046 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院園芸学研究科 岩崎 寛
    048 日本ガーデンセラピー協会 第2回専門セミナー“ガーデンセラピーとは”
    <インドア・グリーン最前線=室内環境を守る緑の力=>
    050 屋内緑化を広げる 団体・企業の取り組み 協力/一般社団法人日本インドア・グリーン協会
    052 インドア・グリーンの効用を生かそう/佐分利応貴族
    053 インドア・グリーンNEWS
    第29回技能グランプリ「園芸装飾」職種開催

    058 LOVEGREEN~植物で暮らしを豊かに。第4回 石塚秀彦
    060 金ちゃんの花ヒット塾 最終回 二宮芳継
    062 ガーデンセンターの経営 第26回 矢野信行
    064 日常的な花贈り・花飾りのきっかけ作り(11) 小川典子
    067 『5つ星』園芸店を訪ねて(11) ガーデンセンターさにべる<埼玉県吉見町>
    068 WEB連動企画 ネットで商談会×GardenCenter
    080 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
    094 オランダ便り 対馬淳一
    096 ガーデネクス便り

    インフォメーション

    080ニュース/ 083新刊紹介/ 084イベント情報/ 090家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格 / 091 今月の市況

    ご購入はこちら

    「コト提案」は「モノ」があってこそ?

    今号の特集「園芸店でDIY売り場をつくる!」では、花や緑とDIYをどう融合させていくかについて、いろいろな方にお話を伺いました。その中で共通テーマとして浮かび上がってきたのが、この数年ずっと言われている『コトの提案』。
    鉢をペイントしたり、木工で花置き台を作ったりというDIY提案は、園芸店の集客や売上のアップが期待できる反面、「園芸とDIYという異なるジャンルの商品群を、どうやって売り場で関連づけていくのか?」という課題もあります。そこで、各ジャンルの商品群を自然につなぎ合わせるために有効なのが、ワークショップをはじめとした「コト提案」ということになるのでしょう。
    それでは、実体がなく定義しにくい「コト」って一体何なのか。伝えたい感動や価値によって、アプローチはさまざまあると思いますが、今号の連載(64頁)で小川典子さんが、その肝要な部分についてとても上手に表現されています。いわく「コトorモノの二極で考えるのではなく、『コト』を具現化するためには、人々の心を満たし、より豊かにするための手段としての、生活者に選ばれる『モノ』も必要なのだと思います」と。
    DIYも、自分の生活をより豊かにしたいという想いから始めるもの。それを下支えする「モノ(商品)」を知ることが、DIY売り場づくりの第1歩になります。今号がその一助になれればうれしいです。
    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    緑匠・四代目 又右衛門さん(りょくしょう よんだいめまたえもん)さん
    世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版