1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「Garden Center」
  • Garden Center
  • Garden Center 電子版

    業界専門情報誌「Garden Center」

    「Garden Center」は、花と緑の業界専門情報誌です。
    ガーデニングビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は厳しい時代に突入しております。消費者のライフスタイルの変化、国際化する花と緑の中で、ガーデニング業界はさらにに変化を遂げていくことでしょう。 私たちGardenCenter編集部では、常にガーデニングビジネスの明日を捉え、一歩掘り下げた花と緑の世界を報道し、好評を頂いております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 1,905円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    011 コミュニティーガーデンの今
    012 都立陵南公園サービスセンター
       陵南公園で実施する「コミュニティガーデン講座」が定着した要因を探る
    014 マギーズ東京コミュニティーガーデン
       「マギーズ東京のコミュニティガーデン」ができた背景
    016 東京家政学院大学
       大学目指す園芸の人材育成や今後のビジョン
    018 京都府亀岡市
       市民協働で花と緑のまちづくり〝オープンガーデン"の取り組み
    020 ドイツのクラインガルテン
       コミュニティガーデン海外事例
    022 経堂の杜
       便利な都会の真ん中で、森に囲まれて暮らす!
        コミュニティを活かした「まちに森をつくって住む」方法とは?

    » もっと見る

    ピックアップ

    026 待ったなし!東京五輪 花と緑のおもてなし
          国土交通省/江東区/お台場おもてなしセレクション/園芸・造園の垣根を越えて/
       ガーデニングの社会科「まちをニワに」
    034 パックトライアル2019春

    アラカルト

    005 園芸業界の〝令和〟を祝う
    070 ガーデンセンターが知っておくべき家庭園芸用農薬の基礎知識 第二話

    トピックス

    063 EXG~名称・ロゴも一新し、業界に向けてPR!
    064 10周年を迎えたE&Gフェア~業者と一般を分けたイベントが好評
    066 日本フラワー&ガーデンショウ~各社が魅力を伝える体験型イベントやフォトスポットも充実
    067 JFIトレードフェア2019夏~植物の効用をアピールする出展も
    068 横浜ローズウィーク 初開催~国内最大級約2000品種、8000株のバラが集う
    069 第1回 旧岩崎邸庭園フラワーショー2019~重要文化財で初の試み!
     

    GARDEN RECIPE EX・造園コーナー

    048 庭を魅せる人気の植物~ローメンテナンスな植物~ 早野恵三
    050 ガーデンライティング~~ガーデンライトの提案を通して~ 川崎佳史
    052 ガーデン&エクステリア構造物 池内一太 新連載
    054 [施工例紹介]植物を活かしたライティング4選 LEDIUS Lighting Lab 新連載
    056 庭仕事をもっと楽しく」~道具選びも庭仕事のひとつ~小林裕子

    連載

    042 花と緑のまちづくり 京都府亀岡市
    059 「5つ星」園芸店を訪ねて グリーンランドエデン〈新潟県新潟市〉
    060 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎 寛
    062 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹波理恵
    074 「グリーン情報」創刊40周年を迎えて
    097 ガーデネクス便り
    098 英国ガーデンのいま 佐藤麻貴子

    002  ルポルタージュ店舗 Plants and moreBOTANICAL LOUNGE TOKYOそごう大宮店(さいたま市大宮区)
    009 元気印 キャビノチェ㈱代表取締役 折原 龍さん
    040  生産地を行く ガーデン樹の里(埼玉県川口市)

    インフォメーション

    084 ニュース
    088 新刊紹介
    089 イベント情報
    090 2019年下半期イベント情報
    094 家計調査/市場統計
    095 今月の市況

    ご購入はこちら

    待ったなし!
    東京五輪花と緑のおもてなし

    物流を解決してこそ展望がある

    IT活用が当たり前になってきている中で世の中の流れが非常に早まり、かつての10年ひと昔がいまは2年、3年がひと昔となっているような気がする。もちろんライフスタイルにおいてそんなに急激な変革を感じることは少ないが、ことビジネスに至っては、それくらいのスピードで変化しているのではないか。花き業界はそれに対応しているのだろうか。
    特に気になるのは配送である。もともと、母の日の配送に対しては今までの流通に頼っていてはもう限界に近いという話も多く聞く。業界最大のイベントである母の日が、消費者に花が飽きられて離れていくのではなく、消費者にスムースに渡す手段が細って売れなくなるというのは何としても防がないといけない。
    全国配送網ということになれば、個々のお店やサプライーヤーだけでは難しい。業界のみんながいかに物流をスムースにするか、真剣に考えないと2~3年後には、物流で行き詰ってしまう危険性が高いと感じる。共同配送も含め、早急に業界が一体となって物流課題を検討すべき時だと思う。(山川正浩)

    「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    園芸ビジネスの最新情報・成功事例が満載!業界唯一の全国版情報誌「GardenCenter」の最新号が半額で読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    折原龍(おりはらりょう)さん
    不可能を可能に!植物を枯らさない!

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版

    Green&DIY EXPO 2019