1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    018 ハーブ苗販売再考
    019 暮らしを豊かにするハーブの魅力 たなかやすこ
    022 生産現場から 園芸の”ニューカマー”に向けて 三洋園芸
    024 品種を厳選、使いやすい仕立てで タムラ園芸
    026 生産/卸からの提案
    029 店頭で伝えたい品種選びと栽培のポイント
    日野春ハーブガーデン・下司高明さんに聞く

    013 東日本大震災から10年 花と緑の復興支援
    014 地域と支援でつくる 雄勝ローズファクトリーガーデン
    花と緑の力で3.11プロジェクト みやぎ委員会
    016 花と緑を使った復興と支援の10年
    サカタのタネ/花の店サトウ/グリーンアドバイザー/仙台生花

    033 紹介します! わが社の新商品・重点商品
    今年の新商品の傾向はこれだ 矢野信行
    034 商品紹介 花苗、野菜苗、園芸資材

    038 母の月 今年はこうする!
    昨年から今年の動向アンケート
    040 園芸店に聞いた、今年の母の月売り場
    047 注目商品紹介

    » もっと見る

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    048 岐阜県池田町
    まちの緑を守り、育み、次世代へつなげる 自然を活用したまちづくり

    ピックアップ

    006 豊明花き 競りシステム変更
    070 MPSニュースより 環境への意識は高まるのか? 本田繁
    091 新連載 グリーン★アイ 松島義幸

    アラカルト

    009 もっと知りたい!園芸ファンに大人気のYoutuber カーメン君に迫る
    054 戸建て向け宅配ボックス好調! 低層集合住宅向け新商品登場 ユニソン

    トピックス

    080 第98回大原ビックフェスティバル開催
    082 第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2021
    083 新しいガーデンを考える会 新春例会セミナー開催

    GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕

    058 庭を演出する植物(3) 野菜とハーブ 越洋子
    060 現場作業論 現場と道具の管理(8) 「職人の国家表彰制度」をひも解く 小林徹
    062 住宅デザイン様式とファサードデザイン(5) 和モダン 松下高弘
    064 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(5) 着色方法をマスターしよう① 中山正範
    066 新連載 成約率を高めるための印象力(1) 出会いの印象力 山本結子

    連載

    068 SDGsを経営に活かす 泉緑化
    073 「五つ星」園芸店に選ばれて ちきりやガーデン(京都府山科区)
    074 TA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹羽理恵
    075 パルダリウム資材探訪 BARREL
    076 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
    078 メーカーを訪ねて P.D.P.ライブリー
    092 庭を楽しむニュージーランドの暮らし アクセンツ 小笠原貴子
    002 ルポルタージュ店舗 Green Spot(宮城県仙台市)
    008 元気印 カーメン君

    インフォメーション

    084 ニュース
    087 イベント情報
    088 園芸関係統計資料
    089 今月の市況

    ご購入はこちら

    新世代をファンにするには

    巣ごもり需要の増加で、園芸の若いお客が増えている。ビギナー向けの初めての土やスモールサイズの肥料、植物や資材など、初心者が買いやすい品を充実させているところも多いようだ。
    以前、店員を若い世代に変えたところ、客層がはっきり若い人たちに変わったと聞いたことがある。話が合うのだろう。初心者向け商品やPOPは重要であるが、もう一つ、若いビギナーが多いとなれば、声をかけやすい同年代を店頭担当に配置してほしい。
    どこもビギナーの若いお客が来たと思うが、そのお客がリピーターやファンになるかどうかは、気軽に声をかけられる店員がいるかどうか。品ぞろえよりも店の雰囲気が大事な気がする。
    大きな流れとして、消費の担い手は団塊世代から団塊ジュニア世代に移り、いまはミレニアル世代、Z世代の「新人類」に移っていると言われる。新人類をつかまなければ未来はない。そして、新人類は必要な情報をネットで入手している。若いビギナーをファンにするには、商品と園芸知識の豊富さよりも、気軽な声掛けとSNSでの発信が大事だと思う。(山川)
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら