1. HOME
  2. > 業界専門情報誌「グリーン情報」
  • グリーン情報
  • グリーン情報 電子版

    業界専門情報誌「グリーン情報」

    「グリーン情報」は、グリーンビジネス業界専門情報誌です。
    グリーンビジネスは大きく発展しておりますが、業界内での競争は激しい時代に突入しております。国際化、消費者のライフスタイルの変化に業界はさらに変化を遂げていくことでしょう。私たちグリーン情報編集部では、常にグリーンビジネスの明日を捉え、深く掘り下げた花と緑、庭の世界を報道し、好評いただいております。

    最新号のご案内

    ご購入はこちら

    創刊:昭和55年10月
    発行日:奇数月1日発行
    1冊 2,100円(+税)
    平均110ページ
    定期購読はこちら

    特集

    015  植物が生きるエクステリアガーデン
    016  座談会
         東北ランドスケープデザイン 岩﨑京一郎氏
         景色工房サフラン 井田育宏氏
         黄鶴園 木下英人氏
    026  エクステリアガーデンの植物仕入れ先(生産・卸)紹介

    » もっと見る

    新連載

    005 つながる!花と緑、庭のあるくらし

    ピックアップ

    006 ガーデンツーリズム登録制度が創設されました
    国土交通省 都市局 公園緑地・景観課
    008 全国都市緑化信州フェア
    031  秋冬の売上巻き返し おすすめの花苗・球根はこれだ
    シンジェンタジャパン/花の大和/サントリーフラワーズ/M&BFlora
    042 第13回国際ガーデンEXPO 10月9~11日に開催
    067 園芸文化賞に箱田直紀氏、広田 子氏、鷲澤幸治氏

    子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり

    046 新潟県見附市 イングリッシュガーデンから広がる緑の輪
      見附市長 久住時男/ナチュラルガーデンクラブ 矢嶋トモ子

    トピックス

    068 大原ビックフェスティバル 創業200年の「再挑戦」!
    070 タカショーガーデン&エクステリアフェア 3650人が来場
    072 タカショーリフォームガーデンクラブ全国交流会 講演会より
    073 RIK Park Tokyo特別セミナー キューガーデンに学ぶ
    075 FAJでインドアプランツコンテスト 大賞はボトルツリーに
    076 花葉サマーセミナー 花・緑業界の進むべき方向探る
    077 JFMA定例セミナー 平成を振り返る! 令和の時代に向けて
    078 花卉懇談会セミナー 花き園芸の情報技術をテーマに
    079 日本家庭園芸普及協会総会 新会長に坂田宏氏
    家庭園芸肥料・用土協議会総会 消費者によりよいアピールを
    080  日本ハンギングバスケット協会が北海道で全国マスター会
    082 北海道フィールドトライアル 一般消費者が圃場の花を評価
    084 植物総合イベント「天下一植物界」に植物愛好家が大集結
    085 美し国三重「寄せ植え」コンテスト 県民に園芸の楽しさ広げる
    086 ハイポネックス原液の新CMに人気のANZEN漫才が登場!

    GARDENRECIPE〔EX・造園コーナー〕

    052 庭を魅せる人気の植物 ローメンテナンスな植物② 早野恵三
    054 ガーデンライティング ガーデンライトがつくる未来 川崎佳史
    056 ガーデン&エクステリア構造物 安全品質を考慮したデザイン 池内一太
    058 施工例紹介 アプローチのライティング4選 LEDIUS Lighting Lab
    060 新連載 表札からはじまる、ひろがる わが家らしさ発信のススメ 芦川美香

    連載

    063 「五つ星」園芸店に選ばれて ヤナギ園芸垂井本店(岐阜県垂井町)
    064 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎 寛
    066 TA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え 園芸文化協会 丹羽理恵
    097 ガーデネクス便り
    098 英国ガーデンのいま 佐藤麻貴子

    002 専門店に聞く mana’s farm 埼玉県所沢市
    013 元気印 コテージガーデン 梅木あゆみさん
    044 生産地を行く MSKガーデン 千葉県横芝光町

    インフォメーション

    089 ニュース
    092 イベント情報・新刊紹介
    094 家計調査・市場統計
    095 今月の市況

    ご購入はこちら

    「 売らない」店舗続々

    日本経済新聞に見出しの記事が大きく掲載されていた。ビックカメラやイケアは、店舗は実物確認の場とし通販を誘導
    するショールームと位置づける、というものだ。通販に関しては実店舗のないアマゾンを始め急速に売上げを伸ばしてお
    り、消費者の購入方法は大きく変わってきている。
    この流れが進み、商品の購入は通販あるいはお店はショールームで、買って持ち帰るものではないという客が多くなると園芸小売店の場合はどうなるのだろうか。
    逆に持ち帰ることを前提としたお店、売り場を作っていると、需要を逃がしてしまうかもしれない。消費者は花や緑のある心地よい暮らしの空間を求めているとすれば、お店では花と緑のある暮らしの提案、体感をしてもらい、その空間を後で届けるというというお店のスタイルもあっても良いかもしれない。
    デパートでの緑の売り方は、まさに暮らしの提案である。生活者は花や緑のある心地よい空間を求めている、という原点に戻れば、園芸小売店も「売らない」店が続々ということになるかもしれない。
    山川正浩
    「グリーン情報」の最新号が半額で読めるお試し購読をしませんか?

    グリーンビジネスの最新情報・成功例が満載!全国版業界ビジネス専門誌「グリーン情報」が最新号から半年分が、1冊分お得に読めるお試し購読とは

    詳細はこちら

    業界初!24時間365日開催される商談会 ネットで商談会はコチラ

    メールマガジン

    メールマガジン「グリーンメール」無料配信中!花緑関係の最新ニュースをお届けしています。今すぐ以下のフォームよりご登録ください。

    » バックナンバーを見る

    今月のインタビュー

    梅木あゆみさん(うめき あゆみ)さん
    自分の心に素直に

    詳細はこちら

    GardenCenter電子版

    Green&DIY EXPO 2019